スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
虫除けスプレー
思い立って虫除けを自作してみました。
製作時間5分です。

市販されている虫除けにはディートという成分が入っているのですが
どうもあまり体に良くない成分らしい。→ディート

とまぁ、ありふれた理由から自作してみようと思いネットで調べたところ
出てくるわ色々と。
そんな中で一番お手軽に出来そうなレシピで作ってみました。

s-P1010682.jpg
材料はこちら。

アロマオイル:今回は、レモングラスとラベンダーを用意。
資生堂「肌水」、ミョウバン、エタノール、スプレーボトル(100ml)
アロマオイルの代わりにはっか油でも良いみたいですが
ちょっと色気をだしてみました。(笑)

作り方はかんたん。

1、スプレーボトルをとりあえずエタノールで消毒・殺菌。
2、消毒・殺菌したボトルにオイルを20~30滴ほどいれる。
3、肌水をボトル9分目くらいまで入れる。
4、ミョウバンを耳かきひとさじほど入れ、良く混ぜる。

ミョウバンが溶けたら出来上がりです。
レモングラスの香りが心地良いです。


希釈を化粧水で行うのは、保存期間を長くするためなのですが
なにせ初めて作ったのでどのくらいもつものなのかは不明。
ミョウバンも入れるべきか悩んだのですがとりあえずってことで。
抗菌効果があるようです。
それより本当に虫除けとして機能するのかな?
とりあえず小瓶に分けてベストに入れておきます。

s-P1010681.jpg
はたして効果のほどは?





皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/06/05 01:24】 | アウトドア | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
ファミリー釣行
さて夏休みもあとわずか。
子供達に何処かへ連れて行け!とせがまれ
和歌山までファミリー釣行です。

朝4:30出発予定だったのに目が覚めたのが4:30!
いきなりの遅れです。まぁファミリー釣行はこんなもん?
今回もお気楽なサビキ釣りです。

途中の釣具店でオキアミとシラサエビを購入して現場到着は7:00。
同じ様なファミリーがウジャウジャと。
空いてる釣り座を探しながら堤防沿いを歩いて釣り座確保。
結構駐車場から離れてしまった。(帰りがしんどい。)
にしても今日は風が強いぞ。

早速、仕掛けをセット。
一本・二本とセットしていくのですが、妻・子供達は一向に
手伝う気配なし。相変わらずの大名釣りですなぁ。

仕掛け投入してすぐさま反応あり。
上がってくるのは5センチ前後のイサギ。まあ釣れればOKでしょう。
しかし、時間がたっても状況は変わらず。
一向に目的のアジは釣れる気配がありません。

ひと段落着いたので私は、胴付き仕掛けをおろして脈釣りです。
これが意外にも良く釣れるし、釣れる魚も多種多彩。
ガシラ・ハゲ(カワハギ)・チャリコなど。
もちろんクサフグは常連です。(笑)

s-P1010627.jpg
本日の顔ぶれ。

地合が過ぎれば釣れなくなるのが海釣り。
先程まで反応が良かったのがまったく無くなります。
妻は釣れなくなると日陰テントで休憩です。(オイ!)
子供達は釣れないのに飽きもせず釣りを続けています。

s-P1010626.jpg
長男、あたり待ちの図。勉強にもその集中力を出してくれないか・・・。(by 父)

エサが無くなったので昼過ぎで終了。
家に帰り、調理。
ガシラ・チャリコは煮付け。イサギはから揚げに。
さて我が家初登場のカワハギ。どうしたものか・・・。

s-P1010628.jpg
期待大です。

ネットで調理法を検索。
まず皮を剥ぐ。なるほど、なるほど。
おお!、ペリーッっと気持ちよく剥げますなぁ。(笑)
これには家族全員で驚き、皮剥ぎを体験。

結局、小さくても刺身にしたく何とか3枚にはおろしたものの
良く切れる包丁が無く薄皮が取り除けなかったので(←不器用物の言い訳?)
から揚げに変更。
ビールがすすんだのは言うまでもありません。(笑)



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











【2010/08/16 05:23】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
美味いのか?アルファ米
山行での食事で何かと便利なアルファ米。
金剛山・葛城山辺りの日帰り登山では出番はないのだけど
「今後、使うこともあるかもしれないし・・・」と思いとりあえず買ってみました。

s-P1010311.jpg
後はお湯を注ぐだけ。カップ麺的発想ですな。

ついでに卵ケースも購入。メニューのレパートリーが増えそうです。
購入後、山に行く時間が無く、まだ食べてません。
美味しいのかな?



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



【2009/10/26 22:43】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
大台ケ原散策-第2章-
さて大台ケ原散策の第2章です。
神武天皇像のある牛石ヶ原を通過し、大蛇に向かいます。
大蛇は、東大台ケ原の二大ビュースポットの一つです。

メインの散策路から脇にそれて行きます。
この辺りまでくると立ち枯れの樹木の姿が少なくなってきます。

s-DSC_1174.jpg

s-DSC_1175.jpg

ブナが中心の森をしばらく行くと大蛇です。
絶景ポイントですが足場が非常に悪いです。

s-DSC_1197.jpg

写真の中央に移っているお兄さんがいますが、身長は私と変わりません。
傾斜角が分かってもらえるでしょうか?
一応柵が取り付けていますが、この岩場でこけたりでもすれば・・・
あまり役に立ちそうにもありません。

s-DSC_1196.jpg

上の写真は、先ほどの岩場の写真で先端がちょこっと見えている所です。
柵ギリギリまで行って写しましたが、今考えると良くそんな事をしたなぁと思います。

大蛇を後にし、先ほどの分岐点を左に曲がってシオカラ谷に向かいます。
1500mの距離で150m程、標高が下がります。道もあまりよくありません。
周りはうっそうとした森です。

s-DSC_1259.jpg
理想の森。ってやつですね。

30分程歩くと川のせせらぎが聞こえてきます。
シオカラ谷に到着です。
川には吊橋が架かっていて橋の上から川の様子を見てみると

s-DSC_1236.jpg
吊り橋です。

s-DSC_1238.jpg
橋の上流側 

s-DSC_1237.jpg
橋の下流側

橋から渓を見た瞬間、今日一番のテンションアップです。(笑)
久しぶりに渓を見て興奮してしまいました。
フライを流すと魚が出てきそうです。あいにく(当然か)この日は、ロッドを持ってきておらず
魚の顔は見ることが出来ませんでしたが、渓を見てテンションアップとは・・・。
山歩きをしてても、基本はフライフィッシャーのようです。
せっかくなので川原に下り、靴下を脱いで水につけてみました。
「冷たくて気持ちいい」と思ったのは、ほんの2・3秒。
あまりの冷たさに10秒もつけていることが出来ませんでした。
しかしながら、本当に綺麗な渓です。

s-DSC_1249.jpg
フライを流すと絶対に出てきそうと思いません?

s-DSC_1245.jpg
綺麗な渓、山も綺麗です。

橋を渡った後は、下って来た分、登らなくては行けません。
山道半分、階段半分ですが、最後の階段が延々と続きます。
まぁ、森を見ながらゆっくりと登りましょう。

s-DSC_1261.jpg

階段を登りきるとなだらかな道になり駐車場に出てきます。
のんびり歩き、写真を撮りながらで4時間半の行程です。
山登りというよりもハイキング感覚です。



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









続きを読む
【2009/06/03 01:30】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大台ケ原散策-第1章-
以前から行ってみたかった大台ケ原。
やっと行くことが出来ました。

s-DSC_1277.jpg

雨が多いと有名ですが、当日は晴れ!
よほど同じ日に行かれた方々の普段の行いが良いのでしょう。
私は上手い具合にその方々に同行出来たようです。(笑)

ビジターセンターを起点に東大台ケ原コースを時計回りで散策します。
反時計回りで散策すると厳しいアップダウンが最初になりますので避けた方が
よろしいかと思います。まずは日出ヶ岳山頂を目指します。

整備された登山道をテクテク歩いていくと木道の階段が出てきますが
これが結構キツイ。息を切らせて上がるとそこが日出ヶ岳山頂です。
雷非難用小屋(?)を兼ねた展望台があります。

s-DSC_1090.jpg

s-DSC_1093.jpg

s-DSC_1095.jpg
日本百名山踏破を目指すことはないのですが、とりあえず記念すべき最初の一座。

登頂後は正木峠、正木ヶ原を経て尾鷲辻へ。
正木ヶ原から尾鷲辻の間が有名なトウヒ立枯れ区間です。
大台ケ原に来たいと思った理由のひとつです。とにかく驚きの景色です。
写真の腕前がド素人なので表現出来ないのが残念です。

s-DSC_1134.jpg

s-DSC_1142.jpg
立枯れの原因は色々とあるようですが、とにかく凄いの一言・・・。

尾鷲辻から神武天皇像のある牛石ヶ原の間は青々と茂る樹木の間に
立枯れの大木が有りと言う区間。
これから先数年、数十年すると正木ヶ原の様になっていくのか
はたまた森が再生していくのか・・・。(←難しいらしい)

s-DSC_1150.jpg

s-DSC_1157.jpg
おや?写真中央になにやら動くものが・・・。

s-DSC_1155.jpg
ズームしてみると鹿でした。

s-DSC_1172.jpg
神武天皇像のある牛石ヶ原。散策路が広がっているのでお弁当はここがオススメです。

ここから先は、大蛇(ダイジャグラ)、シオカラ谷を経て駐車場に戻る訳ですが
大台ケ原は今までと違った表情を見せてくれます。
そのまま続きを書いていくと長~くなってしまいそうなので次回に続くってことで(笑)
第2章をお楽しみに!



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【2009/06/01 22:40】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。