スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
勤労感謝の日

昨日、「勤労感謝の日」 で祝日でしたね。
ここ数年、この祝日に休む事が無かった私。
今年は、担当していた仕事が上手い具合に終わり、「ここは釣りに行くしかない!」
でも管理釣り場に行くお金がないのでお財布にやさしいメバリングに行くことに。

ところで、勤労感謝の日っていうのは、働く事に感謝する日?
それとも、働く人に感謝する日?どっちなんだろうか?
そんなしょうもないことを考えつつ、車をいつもの通り和歌山方面へ向かわせます。
たまには違うところでと思い、少し足を伸ばし中紀の漁港まで行きました。

着くと風が、「ビューッ!!」 かなりの風速です。
「今日は、穏やかな天気だったのに・・・」と思いながらキャスト。
飛びません。(泣)
悪戦苦闘しながら漁港内をウロウロしているうちに風が収まってきました。
しかし、寒い!釣果は、「早くも大寒波襲来?」と思う様な状態です。
「なんか釣れてくれーっ」と思ってキャストすると重い魚信。
上がってきたのはガシラ。魚信の割には小さいです。
手にとってみるとさらに小さい。これはリリース。

PB230001.jpg


「遠出してもサイズは同じやなぁ」と思いながら続けていると
モゾモゾとした魚信。
「何?」とあわせるとメバル。しかしニモ(←映画ね)サイズ。
場所移動しよ。

県道を和歌山市方面に走り、途中の漁港をめぐっていくうちに
本日1回目のライントラブル発生。
トラブったラインを回収してると巻けるわ巻けるわで30m程。
リールに巻き込んでいたのが約80m。
あと1回トラブルが発生すると強制終了です。

どこでやっても釣れるのは豆アジばかり。
「メバルーっ!」と思ってキャストすると
本日2回目のライントラブル。
トラブルラインを回収。リールを見てみるとスプールの底が透けて見える状態。
ヤバイ・・・。

最後にいつもの漁港へ到着。
前回来た時には大勢の釣り人がいたのですが
今日はいません。妙な感じです。
ロッドにラインを通しキャスト。違和感あり。
リールを見ると残ラインがありません。
フライで言うところのフルラインキャストです。
メバリングで疑似体験です。(したくないって!)
魚信が無いまま時間は過ぎ、テンションは下がり
「そろそろ帰ろか」と思った時に魚信!
なかなか良い引きです。
上がってきたのはメバル。
初のキープサイズ(18cm)でした。

PB240003.jpg




スポンサーサイト
【2007/11/24 11:27】 | メバリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シーズンイン?

昨夜、仕事帰りにメバリングに行ってきました。
10月中旬に一度出かけましたが、その時はアジしか釣れず諦めて帰ったので、今回は気合を入れて出陣です。
道中いつもお世話になっている(っと言っても量販店ですが・・・)に寄り、前回不足気味だった1.5gのジグヘッドと1.5インチのワームを補充。ワームは昨年は、月下美人シリーズでしたが、店頭でママワームの魅力に引かれ(あんたはメバルかっ!という声が・・・)そちらをチョイス。今年はママームを中心に展開予定。

さて釣り場(漁港)に到着。
夜釣りのエサ釣りの人が大勢います。中にはお子さんを連れた方々もいらっしゃいます。うちも小学生の子供が2人いますが夜釣りに同行させたことはまだありません。釣りなれているお父さんなのでしょうか?

そんな事を考えつつタックルをセット。水面を見ると表層附近になにやら泳いでいます。
「今回もアジ?」と呟きながらキャスト。
1.0gのジグヘッドにワームは、先ほど購入したママワーム。
一投目からヒット。メバルとは違う?寄ってきたのは20cmオーバーの魚影。キープサイズのアジと思ったらサバでした。
メバリングの外道って色々釣れますね。

サバが数匹ヒットするものの肝心のメバルのあたりはありません。「今日もあかんのかなぁ」と思っていたら、携帯サイズのメバルがヒット。今シーズン初のメバルなので小さくても嬉しい一匹です。

その後、釣り場(漁港)を移動して2匹追加。(サイズは変わらず)
もう一匹としばらくがんばりましたが寒さに負けて納竿。
サイズは小さかったですが、とりあえずスタート出来たので良しとしよう。



【2007/11/04 14:10】 | メバリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サビキ釣り

先週の日曜日、家族で和歌山へファミリーフィッシングということに。
子供を連れて行くとなると、足場が良く、トイレがある所など考えてマリーナシティの海釣り公園に決定。
あまり遅くなると人も多くなりそうなので5時に出発、途中の釣具店でエサのオキアミを購入して現地に7時頃に到着。しかし、すでに人でいっぱい・・・。堤防の端まで歩いてようやく空いているところを見つけ竿を出し、子供たちに釣り方を説明。
カゴにオキアミを入れずに説明をしていたのですが、上手い具合にアジがかかり、子供たちはびっくり。
この日は、世話役に徹して妻と子供たちに釣りを堪能してもらいました。結果、午前中のみで豆アジが100匹程上がり夕食の食卓にあがりました。
たまには、キャッチ&イートも良いものですね。


【2007/11/01 01:15】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。