スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
たまには

この週末は、釣りには行けず行かず家族サービスと
遅いながらも春支度(遅いけど・・・)してました。
スタッドレスタイヤ交換、スキー板のワックス掛け等

DSC_0704.jpg
10年前のニシザワの板です。今はもう存在しないメーカーになったそうで・・・

そんなこんな事をしながらも少々時間があまったので、
久しぶりに料理に挑戦してみました。
メニューは、子供に人気のあるコロッケとミンチカツ。

DSC_0706.jpg
あとは揚げるだけ

ところで関西では、「ミンチカツ」。関東では、「メンチカツ」と呼びますよね。
どうしてなんでしょ?


月曜日から出張です。(今年は多くないかい?)







スポンサーサイト
【2008/03/30 22:39】 | 何気に・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いきなり・・・

昨日、フライ釣行に行ってきました。
少し早いかと思いつつも鳥取まで行ったのですが
予想以上に雪代(雪解け水のこと)が多く、川はかなり増水していました。
対岸に良さそうなポイントがあっても、その激流を横断することは不可能・・・。
指をくわえながら通り過ぎていくしかありません。
おまけに水温は8℃。ドライに反応するには少々低いのですが、
釣れた時の感動は、ドライの方が大きいので結ぶフライは#14のパラシュート。
ドラグがかからないようにメンディングを繰り返しますが、それ以上に流れが速い。
当然のごとく、魚は反応せず時間だけが過ぎていきます。
天気は良く暖かいのがせめてもの救い?
流れの穏やかな渓流を求め、小渓流に移動しましたが何処も同じで
雪代が入って増水状態。この時点で本日のボウズはほぼ決定。
夕方までやりましたが、テンションの下がった釣り人のフライには
魚たちは反応してくれませんでした。


長年フライをやっていますが、雪代を読むのは難しいです。
自然相手なので読むのは無駄な抵抗?




【2008/03/23 18:33】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
晴れるといいなぁ

さてフライシーズンもいよいよ本格的にスタートです。

DSC_0697.jpg
このフライ達は良い仕事をしてくれるのでしょうか・・・

今年は、2年振りに鳥取の渓を中心に釣行しようと考えています。
いつぞやの台風の被害から河川工事が入りそれ以来行ってませんが
魚達は元気にしているのか確認してきたいと思います。



【2008/03/21 00:37】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
久しぶりのメバリング

今日は、久しぶりのメバリングです。
天気も良く風も吹いていないので絶好のメバリング日和。
ただ潮が良くなく、小潮。
っと言っても私は、あまり潮のことは気にしません。
「まあそれなりに釣れるでしょう」と思い
本日はリリースデーとします。と宣言して釣行開始。

5時半頃からスタート。
まだ明るいせいか、反応はありません。
日が完全に暮れた7時。一向に反応も無く、海は静かです。
時折ボラがのんびりと目の前を通り過ぎていきます。
リリースするにも肝心な魚が釣れません。おいおい。
少し焦りだした頃にようやく足元でヒット。
最初は、余裕に巻き上げることが出来たのですが
私の心のスキをラインを通して察知したのか急潜行。
根に潜られないようにやり取りをしながら釣れたのはガシラ。
測定すると20cmを少し超えるサイズ・・・。
いつもならキープするサイズですが、冒頭で宣言した通り今日はリリースデー。
宣言通りリリースしました。

P3150032.jpg
良いサイズだったのですが・・・

1匹釣れると心にも余裕が出てきます。
場所を移動して釣行再開。
全然反応無いです。いつもなら小さいながらも何かしら反応もあるのですが
今日は本当に無い。どういうこと?

右に行っても無反応、左も同じく無反応。
ええい!っと正面にキャストするとヒット。
よく引きます。これはメバルか?アジか?と思いながら
(未だにその辺りがわからない)
上がってきたのはメバルでした。これもいつもならキープサイズ。
リリースデーに限って良い型が釣れるのは何故?

P3150035.jpg
きれいな魚体でした。

メバルをリリースする際にしゃがんだ時、ガシャと物音が
ポケットに入れたハズのデジカメが岩場に落ち水没。
(とりあえず画像データは無事だったので本日UP出来ましたが・・・)

家に帰り起動ボタンON。当然、・・・再起動せず。(涙)











【2008/03/16 01:33】 | メバリング | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
リール修理

先日の釣行の際、落としてしまいスプールが回らなくなったリールを
修理(←大げさな言い方・・・)しました。

P3070034.jpg
凹んだ部分が食らい込んでいる

とりあえずラジオペンチで凹んだ部分を慎重に整形し、内側に膨らんだ部分を
ヤスリ掛けして修理完了。元通り問題なく回ります。

P3100037.jpg
修理完了!

そもそも、フライリールは、ラインを収納する場所でしかなく
メバリングのリールみたいに性能なんて言葉は要らない。
強いて挙げればライン収容量と重さぐらいでしょうか。
でも、フライフィッシャーからするとこだわる一品なんです。
私の使っているこのリール。英国王室御用達メーカーの・・・長くなるのでやめときます。
まあこれからも末永くお付き合いして頂かなくてはいけませんので
大事に使っていきたいと思います。


せっかくフライリールの写真をupしたので、我が家のリール全機種に登場してもらいました。

P3100039.jpg
と言ってもこれだけですが

ここで問題、どれが一番高いリールでしょうか?


答えは、左手前にある今回修理したフライリールです。
右後ろにあるバイオマスターより少し高かったです。
私の持っているフライリールは、まだまだ安い物なのですが、
世の中には、バイオマスターが、2・3個かるく買うことの出来るフライリールを
使っておられる方も多々いらっしゃいます。(←羨ましい・・・。)

今週末は、メバリングの予定です。




【2008/03/10 01:48】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
渓流解禁

久しぶりの釣行記です。
振り返って見ると1月の初めに行ったきり!
3月1日の解禁初日も連れの体調不良で延期・・・。
その代わりに突発な仕事のため休日出勤。
ストレスがMAX状態だったので、本日は代休を頂いて癒しに和歌山の渓流へ。

「一人で平日だし、急ぐことないか」とのんびりとしていると
ETC通勤割引の時間を過ぎてしまった。大失敗。
12時頃に現地到着。すると川沿いの道に車がぽつぽつと止まっている。
釣り?と思いながらそばを通ると、どうも外回りの営業さん。
「あっ、昼休みか」ご苦労さまです。

身支度を整え、さあ出発しようとベストを車の助手席から取り出した瞬間
何かが落ちる音。
見てみるとリール。大事ないか確認するとスプールが回らない・・・。
リールのアウターが少し凹んでインナースプールにかみこんでいる。
とりあえず、インナースプールは、外すことは出来るので修復は可能。
お気に入りのリールなだけに私自身は、かなり凹んでしまいました。

釣りのほうは、予備のリールを持ってきていたので、それを使って開始。
水温は低く、「ドライでは難しいかな」と思いつつもいつものように
#16のアダムスパラシュートをセットして釣り上がります。
予想通り反応なし。まぁ、こんなもんです。自然界はそんなに甘くはないです。(笑)

しばらく釣り上がると良さげな流れ込みに到着。
フライを流すと、底からアマゴが浮き上がってきました。
身構えて待っていると・・・、見切られてしまいました。生意気な!
流れを良く見てみると定位しています。
再度、その定位しているポイントの上流へフライを落とし流してみると
今度は疑うことなく食ってくれました。本日のノルマ達成です。
(初日は1匹釣れれば良いのです。)

SH0100011.jpg
アマゴ 16cm (デジカメを忘れたので携帯で。)

その後、同じようなポイントでチビアマゴをスレ掛かりでゲット。
ちょっと合わせが早かったのかなぁ。
SH0100021.jpg
小さかったのでアップ。

帰り際、オレンジ&パートリッジを流していたのですが、ピックアップの瞬間に反応。
早合わせ状態になったので見事にばらしてしまいました。
あと3秒。あと3秒、流していたらゲット出来たはず。良型だっただけに残念です。
次回に持ち越しです。






【2008/03/05 23:31】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。