スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウグイ天国!?

昨日、和歌山県富田川へアマゴを求めて行ってきました。
まずは、以前から気になっていた本流部分を探索。
着替えて川原に下りると水量が多い・・・。
釣り上がる事はなんとか出来ますが川を横切るのは少し危険。
対岸の方がポイント多そうなんだけど・・・。

とりあえず12ftのリーダーにティペット6ft程を付けキャスト。
「?」
うまくコントロール出来ません。3年前はなんとかコントロール出来たのですが
ここ数年は、9ftに変えているので長さに対応出来なくなってしまいました。
キャスト出来てもポイントにフライが流れなければ釣れる魚も釣れないので
慣れ親しんでいる9ftにチェンジ。

ポイントを探りながら釣り上がりますが、反応がありません。
おまけに水量が多いためドラグがかかりまくりです。(←言い訳?)
結局、1度だけ挨拶程度に出たアマゴも合わせる事が出来ず
鮎釣り師の姿も見え始めたので、次回リベンジを誓いつつ支流へ移動。

支流も水量が多いです。
しばらく釣り上がると反応あり。
合わせるとウグイ。この季節必ず顔を出しますね。
ところが、ここから反応するのは
ウグイ、ウグイ、ウグイ、時折カワムツ・・・。
本命のアマゴですが、反応してくるのは今年生まれた稚魚。
「君たちは今年釣れなくて良いから来年よろしく。」と呟きながら丁重にリリース。

ウグイが釣れるとフライにヌメリが付着するため浮かなくなり
そのため釣れるたびにフライチェンジをすることになります。
不精な私はなるべくフライチェンジしたくないのでウグイを釣らない努力をします。
しかし、今回のように釣れるのがウグイばっかりな時は
早合わせで回避するか、合わせないかで対応します。
そのため、本命のアマゴ・ヤマメを合わせ損なうこともしばしば。
何か良い対策方法は無いものですかね。

飽きる程、ウグイの姿を見る中
なんとか、小型のアマゴをゲットすることが出来ました。
P1000412.jpg


今回、ウグイ天国(地獄?)となった某支流。
P1000413.jpg
いつもよりかなり水量が多いです。



スポンサーサイト
【2008/06/15 10:07】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ハックル

先日、久しぶりにハックルを購入しました。
前に購入したのは、いつだったか・・・。忘れてしまいました。
とにかく、確実に枚数が増えていってます。
ブラウン・グリズリー・ブラック・ジンジャーと代表的なカラーを持っていましたが
ちょっと変わったカラーが欲しかったので、フライショップを訪問。

しかしながら、ハックルを選別するのは難しいです。
最近になってようやく自分なりの選択基準がまとまってきたのですが
やはり、あれこれと迷いながら選んだハックルがこれ。

P1000408.jpg
ゴールデンバジャーです。

バジャー系のハックルは、前々から気になる存在ではあったのですが
なかなか購入までにはいたりませんでした。
これからの季節用にこれで巻いてみたいと思います。

P1000410.jpg


どんなフライに仕上がるのか楽しみです。
基本的に普通のパラシュートですけど、雰囲気を楽しみたいと思います。







 
続きを読む
【2008/06/12 01:30】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
朝まで

GW明けからブログ更新ネタが釣行記でなく
雑記になっていましたが、今回は久しぶりの釣行記です。
しかもメバリングファン待望(?)のメバリング釣行記です。

土曜日、休みならばフライ釣行に行こうと思っていたのですが
金曜日に休日出勤要請が・・・。
先週、出張に行っていたのですが・・・。とは言えない状況のようです。仕方ないです。
ならば、メバリングに。ということで、いつもの和歌山方面の漁港に向います。

出遅れたので現地到着はPM10:00。
潮が良いのか、季節が良くなったのか今日は釣り人がたくさんいます。
時間が限られているので本命ポイントからスタートするも反応無し。
辺りを見てみるとライズがあちらこちらで見られます。
全体的に活性は良さそうなんだけど・・・。
ワームチェンジして数回キャストすると、ようやくアジがヒット。
でもあまり手ごたえなし、上げて見ると10cm足らずのサイズ。リリース。
場所移動しようかと迷っているうちに時間は過ぎていきます。
これでダメだったら場所移動と思ってキャスト&リトリーブしていると
ドンッて感じのあたりが。
ロッドが大きく弧を描き、リールのドラグが時折チリチリと鳴ります。
「ガシラやなぁ」と思いながら、ラインを少しずつ巻き取ります。
ロッドが弧を描きながらもラインテンションがスーッと軽くなったので
ガシラの抵抗が終わったことを確信。
寄せて上げてみると、やはりガシラ22cm。

P1000207.jpg
かなり良い引きでした。

ここで日付が変わり、終わろうかと思いながらも
あと少しだけと思い、別の漁港に移動。
ここは、海沿いに散策路があり散歩(夜中に散歩はしないって!)がてら探索。
でも、あたりが無ければ何とかあたりを得ようとするのが釣り人の性。
手を変え品を変え、いろいろ試すも反応があったのは1度だけ。
気がつくと夜が明けようとしてました。

P1000208.jpg
結局、朝日を拝んでしまいました。

夜明け前に小型のガシラを何とか追加。
久しぶりのメバリングは、本命のメバルとは対面出来ないまま終わってしまいました。
変わりに、アナハゼ君と初対面。君が噂の・・・。
帰りの高速SAで爆睡。目が覚めると観光バスに囲まれていました。
停車スペース間違っていたようです。


続きを読む
【2008/06/01 16:07】 | メバリング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。