スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
水温計
ロスト中だった水温計。
本日二代目を購入しました。

昨年途中からロストしていた水温計を購入しました。
これからの季節、水温を測り釣り方を変えるって事はあまりしないので
特別必要でも無いのですが、無ければ無いで気になる存在。
まぁ水温測定は、フライ釣行の際でのひとつの儀式ってものですね。

s-P1010129.jpg
別に特筆するものでも無いです・・・。

この水温計、特別特徴の無いもっともスタンダードなものですよね。
釣具店でこの水温計の横に並んでいたのがパ○デザインの水温計。
まったく同じと言って良い程似ていますが値段にして+400円也。
材質と表面処理の差でしょうか?

また、これらの水温計の横に並んでいたのが非接触式の水温計。
本体を水面に向けてボタンを押すだけのスグレモノ。文明の利器ですな。
お値段もそれなりにしますけど、話のネタにはなると思います。


さて明日は、新しい水温計を携えてフライ釣行です。
遠征?いやいやのんびりとホームリバーで遊んできます。





スポンサーサイト
【2009/04/30 21:49】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は巻き!
週末は季節が逆戻りしたかの様な天気でしたね。
大阪は、風がビューッ!と吹いていましたよ。

雨も降ったり止んだりで出かけるにも出かけられないので
今日は、ロストフライの補充です。
ここ二回のフライ釣行、ロストフライが多くて・・・。
普段は出来るだけ回収するのですが、どういう訳かここ二回の釣行は
回収不可能な事が多発。新作フライが消えていっています。

基本的に釣り上がりスタイルなのでフライはパラシュートをメインにしているのですが
前回の釣行でパラシュートよりソラックスの反応が良かったのでソラックスを補充しました。

s-P1010126.jpg
どうも出来上がりが今一つ・・・。

GWはちょっと遠征したいなぁと思っています。
さて何処へ行きましょうか?




【2009/04/26 22:49】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
初めて訪れた渓は・・・
3月は、釣りにまったく行けなかったけど
4月に入り、毎週行っている(フライ・メバリング・この日のフライ釣行)。
このご時勢に「大丈夫か?」と我ながら思いますが行ってしまいました。(爆)
さてさて結果は?

今回の釣行は、久しぶりに釣友とのフライ釣行です。
シーズンもまだ始まったばかりなので、まだ訪れた事の無い渓に向かいます。
前回のフライ釣行とは真逆に今日はピーカンです。
やはり、釣行時の天気は「晴れが良いよなぁ」と思います。

s-P1010105.jpg
水温はまだ少し冷たい。

晴れ・雨、はたまた水温が低かろうが、まず最初に結ぶのはドライフライ。
開始1時間位は、いつものごとくキャスティング練習・ドリフト練習状態です。
状況に合わせて釣り方を変えれば(フライパターン・沈める釣りetc)
もう少し釣果も上がるのでしょうが、性格なのでしょうか、なかなか実行出来ません。(笑)

そこそこ反応はするもののフッキングまでには至りません。
流れているフライを良く見ていると少しドラグが掛かっていたり
ナチュラルに流れても今度は、魚が疑って流れているフライに追従しています。

要するに魚目線で考えると
狩猟範囲外→捕りに行かない。
ドラグが掛かったフライ→見向きもしない。
ナチュラルに流れたフライ→水棲昆虫か?フライか?疑ってギリギリまで見極める。
ってところでしょうか。人間側から言わすと「渋々」「スレスレ」状態です。

その様な状況でも遊んでくれる魚達になんとか出会うことが出来ました。
次に訪れた時も遊んでおくれよ。

s-P1010117.jpg
アマゴでした。







【2009/04/19 09:00】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
今シーズンラスト?
土曜日、予定通りなら家族で武庫川渓谷沿いをハイキング。
だったのですが、直前に取り止め・・・。
仕方なしに家でゴロゴロとしていたのだけど、お出かけ日和。
釣りの虫が疼いてしまいました。

昼からだったのでフライ釣行は時間的に無理。
和歌山方面ならETCを使い片道¥1000+αで行けるのでメバリング。
ちょっと足を伸ばし、御坊ICで下り適当にランガンして行こうという
まったく計画性の無いプラン。
(結果、半分はドライブになってしまいました・・・。)

まずは、阿尾漁港へ。(何かの雑誌で名前だけは覚えていた)
明るいうちに到着したので竿を持たず探索。
少し風が強い? 潮が良いのか釣り人多数。
陽が西に傾き初めてきた。そろそろ釣りを開始するか。

s-P1010084.jpg
釣行開始30分頃の夕焼け

この辺りまで来ると海の水はとても綺麗。
ゴミは浮いてるけどね・・・。(←とりあえず自分が出したゴミは持ち帰ろう)
いつも通りワームでスタート。
開始早々に反応あり。すかさず合わせると

s-P1010082.jpg
おっ、ガシラです。

場所が良かったのか、たまたまか?この後、1時間の間に同サイズを4キャッチ。
すっかり気を良くして釣っていたのですが、これが後々、尾を引く事に。
釣ろうと思っていた範囲を終えた頃には、陽が暮れ辺りは真っ暗。
場所移動で海岸線の道を由良方面に向かいます。
時折、タヌキが道路を横切ります。運転注意。

次の漁港に着き車を下り、辺りを見ると外灯も無く真っ暗。
前回の由良釣行の時にも感じましたが、この辺りの漁港は外灯が無いなぁ(少ない)。
よく分からないので移動します。(←へっぽこ釣り師です。)
当然の事ながら、道路沿いも車のヘッドランプが灯す所だけ明るく
そのほかは闇。漁港付近に到着しても車でどこまで行けるのか不明。
無計画の恩賞が当然の様に降りかかります。
結局由良までドライブ。何してんだか・・・。

由良も先着の方々がおられ、空いた所でキャストするも反応なし。
次は衣奈に向かうか、いつもの漁港に向かうか悩んだ結果
釣り慣れたいつもの漁港へ移動します。

いつもの漁港は静かで波も穏やか。しかし、何か生命感が感じられない。
何投かキャストしてみるも、まったく反応なし。魚いるのか?
ワームを色々とチェンジしてみても反応がないので奥の手。
(皆さんは、普通にやっておられると思いますが)
普段はめんどくさいのでやらない(爆)
ダートスクイッド(ピンク)にライトをあて、発光させてキャスト。
まぁ不思議なものでタイミング良く釣れてくれました。

s-P1010088.jpg
またガシラでした。

ワームの色を蛍光イエローに変えてキャストすると
これまた不思議な事に先ほどまで無かった反応が出てきました。
今日のあたりカラーなのか、はたまた地合か?
何匹か追加して、ワームの釣りに飽きてきたので
ワームからメタルジグ(暴君25)に交換。
色は、オレンジ。黄色・緑色系がなかったのでなんとなくです。

シェイク&ポーズを繰り返し、何回目かのポーズ着底した瞬間に反応。
予想していたところで反応があったので、上手くあわせることが出来ました。
寄せてみると

s-P1010096.jpg
またまたガシラ。

ここまで釣れているのはガシラのみ。
肝心のメバルの姿が見れません。メバルらしき反応も無し。何処へ?
今年はもう沖合いに移動したのかな?
そう思いながら、何気にキャスト・リトリーブしていると
やっと姿を見せてくれました。

s-P1010098.jpg
極小サイズです。地面に落としてしまったので半分砂まみれ・・・。

メバルの姿が見れたので、ここで納竿。
今日は、完全リリースdayと設定したのでお土産なしです。


今シーズンのメバリングは、これがラストになってしまうかも。
場所選択・釣り方の工夫が必要と感じたシーズンでした。



続きを読む
【2009/04/12 11:47】 | メバリング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
1ヶ月遅れの解禁
3月に解禁に行けないまま、気が付けばもう4月。
今日(4日土曜日)に行かないと次はいつになるやら・・・。
天気予報は、日本全国昼から雨。どうする?
金曜日帰宅後、インターネットで天気図とにらめっこ。
和歌山方面か鳥取方面にするか検討。
雨が降るのは仕方ないにしても釣りへの影響を少なくしたいので。
うーん、和歌山方面は、朝から降りそう。鳥取方面にするか。

朝、目覚めると6時!完全に出遅れ。
珍しく前日に荷物の準備をしていたので急いで車に積んで出発。
「げっ!ガソリンないやん!」給油。
高速に入ると宝塚TN付近で渋滞中と案内標識が・・・。
佐用ICで高速を下りた辺りでポツポツと雨が降り出してきた。
予想より2時間程早い。
おいおい、どうなる今日の釣行。

釣り場に到着、さて準備しようとふっと川を見ると
餌釣りのオッチャンが餌を付けている姿を発見。
場所移動。もう少し上流に向かいます。

さて釣行開始。本当はもう少しハプニングがあったのですが
いい加減に本題に入れ!とお叱りを受けそうなので(笑)
パイロットフライは、アダムスパラシュート#14。定番です。
キャスト開始すぐにスプラッシュで反応。
水温が低いためドライでどうかなと思っていたのでとりあえず安心。
開始1時間は、少ない反応と木の枝に悪戦苦闘。
サイズはともかく、早く1匹を釣りたいところ。とりあえずタバコを一服。

水深ヒザ下ぐらいの平瀬の流芯にキャスト。
1m流れた所で反応。こちらもすばやく反応。
ルアーと違い魚の反応が目で見えるのがドライフライフィッシングの醍醐味。
慎重にやり取りしてネットイン。

s-P1000897.jpg
今季は17cmのアマゴからスタート

少し釣り上がった所で同サイズのアマゴを1匹追加。
調子出てきたか?
気分が乗ってきたところで、ここしばらく出番が無かったソラックスにチェンジ。
しばらくキャスト、ドリフトを繰り返していると、キャスト後すぐ沈んでしまう。
?と思いフライを確認すると

s-P1000906.jpg
藻だらけ!

沈んだ時にピックアップした際に絡んだようです。
とり除いて、キャスト再開。
「ここは出てくるやろ」と思った所で予想通り反応。
フッキングして下流側に走られたのを何とかいなしネットイン。

s-P1000900.jpg
先ほどよりちょっぴりサイズアップ?

よく通う川なのですが、まだ釣り上がっていない区域も多く
調査のため場所移動。
雨は降ったり止んだりの繰り返し。

s-P1000912.jpg
われながら、こんな日にわざわざ来ることも無いと思うのだが・・・。

移動した先は、先ほどよりもさらに水温が低い。
さすがにドライへの反応は無かったです。
もう少し暖かくなったら再チャレンジしてみます。


良い結果が出たので・・・

使用フライ:パラシュート・ソラックス・エルクカディス(すべて#14)
リーダー:6X 9ft
ティペット:7X(5ft~6ftぐらい?)
釣果:アマゴ 6匹(うち2匹は成魚放流?)



続きを読む
【2009/04/05 01:38】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。