スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
尺イワナ
尺サイズ。
普段、釣れる魚のサイズは大きくても25cm前後。
なかなか尺サイズには届かないのでいつしか
「信州や北陸に行かないと釣れないサイズ」と思っていたのですが・・・。

久しぶりのフライ釣行です。
前々から釣れ無いことは無いのですが
反応が非常にシビアな河川があるので対策法を考えるため
今回はその河川を中心に行ってみました。

入渓して小さな反応がポツポツとあるのですが
なかなかフッキングまでには・・・。「ウグイかカワムツか?」と思いつつ
やっとのことフッキングしてみると
その正体は稚魚は放流されたばかりと思われるアマゴでした。
「大きくなってまた会いましょう」と丁寧にリリース。

そんな区間を過ぎると今度は反応がありません。
想定内のことなので、まずはフライパターンチェンジからやってみます。
パラシュートからソラックスへ・・・相変わらず反応なし。
ならばと思い、今度はサイズダウン。
反応は少し出てくるものの渋い反応でこちらが反応出来ません。(笑)

そんなことを繰り返しながら進んでいくと良さげなポイントが。
流芯の流れにティペットがのってドラグが掛からないようにメンディングしながら
流していると静かな反応。
あわすといきなりロッドのバットから絞り込まれます。
流芯の流れに入られるとティペットがもちそうになさそうなので
流れの緩い方へとやり取りしていきます。

手元にフライラインとリーダーの結束部がきているにもかかわらず
魚の抵抗は続きます。魚も必死ですがこちらも必死です。
なんとか魚を浮かせ魚の抵抗が少し緩んだところでネットイン。

s-P1010207.jpg
初の尺物はイワナでした。計測すると33cm!

このポイントを攻める前にティペット交換していたのが功を奏しました。
イワナには悪かったですが写真撮影に時間を掛けて
数枚撮影した内の一枚が上の写真。(笑)

尺イワナの興奮が冷めないまま釣り上がっていくと
ポイントの上に木が覆いかぶさって釣りにくそうなポイントが。
なんとか工夫してフライを流すと今度は20cmオーバーのアマゴがヒット。
やり取りの最中に水中の石にティペットが絡み
お互い身動きが取れなくなったを強引にネットですくおうとした瞬間に
バラしてしまいました。(涙)

場所移動して昼食です。
さっきのアマゴは残念でしたが尺イワナのおかげで
今日のビールはいつになく旨い。

s-P1010211.jpg
日陰の誰もいない休憩所でのんびりと。

昼食後、釣り上がって行きますが反応なし。
何年か前にはよく通った支流ですが、当時から反応が少なかったので
期待薄で挑みましたがここまでないとは・・・。

「さて、もう一ヶ所回る」かとウロウロしていると午後4時過ぎ。
のびのびキャスト出来る所を選んで入渓。

s-P1010212.jpg
ライズがあるかと期待しますが・・・。

そろそろイブニングライズが始まるのかなと期待するも
期待には答えてくれずライズがないまま釣り上がっていきます。
午前中にアマゴをバラした所と同じようなポイントに差し掛かります。
「今度こそは」と思いながらキャストしてみると同じ様なサイズのアマゴがヒット。
慎重にやり取りしていたのですが、逆にその事が裏目に。
ネットイン寸前にバラしてしまいました。
どうもこの日の釣り運は、尺イワナで全てを使い果たした感じです。(笑)



「尺イワナ、おめでとう!」と思ってくださる方がいましたら
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
【2009/06/20 11:32】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
久しぶりのメバリングは・・・
1ヶ月以上釣りネタが無いまま過ぎてしまいました。
今週末は、行きたいと思いつつも車のトラブルで調整つかず・・・。

結局、車が修理から上がって来たのが土曜日の午後。
エアコンのトラブル(スイッチをONすると大きな異音がする)だっただけに
だましだまし次の車検までそのままの状態で放置するわけにもいかなかず。
予定外の出費です。(涙)

天気も良かったので家でじっとしているのももったいないので久しぶりに海釣りに行ってきました。
今回は、メバル狙いよりもアジ狙いで行って来ました。
いつもの漁港に着くと釣り人が沢山います。とりあえず空いているポイントでキャストしますが
反応が全くありません。周りの釣り人も釣れている様子がありません。
ようやく反応があったのは陽もどっぷりと暮れた頃。岸際でアナハゼ・・・。

時折、風が強く吹く中キャストしていると、小さなメバルがヒット。
今日の狙いは、アジなんだけどな・・・。と思いつつも
やはり、メバルが釣れると嬉しいですね。

s-P1010186.jpg
ワームはダートスクイッド(ピンク)。

場所を変えみると、水面が騒がしい。
どうもシーバスがベイトを追いかけ回している様子。
それまで反応が薄かったので少し色気を出してシーバスを狙ってみましたが
そんな甘い考えは魚達には通じず反応が無いまま時間だけが過ぎるのみ。
0時頃まで粘りましたが、肩を落として納竿です。



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





続きを読む
【2009/06/14 18:36】 | メバリング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
大台ケ原散策-第2章-
さて大台ケ原散策の第2章です。
神武天皇像のある牛石ヶ原を通過し、大蛇に向かいます。
大蛇は、東大台ケ原の二大ビュースポットの一つです。

メインの散策路から脇にそれて行きます。
この辺りまでくると立ち枯れの樹木の姿が少なくなってきます。

s-DSC_1174.jpg

s-DSC_1175.jpg

ブナが中心の森をしばらく行くと大蛇です。
絶景ポイントですが足場が非常に悪いです。

s-DSC_1197.jpg

写真の中央に移っているお兄さんがいますが、身長は私と変わりません。
傾斜角が分かってもらえるでしょうか?
一応柵が取り付けていますが、この岩場でこけたりでもすれば・・・
あまり役に立ちそうにもありません。

s-DSC_1196.jpg

上の写真は、先ほどの岩場の写真で先端がちょこっと見えている所です。
柵ギリギリまで行って写しましたが、今考えると良くそんな事をしたなぁと思います。

大蛇を後にし、先ほどの分岐点を左に曲がってシオカラ谷に向かいます。
1500mの距離で150m程、標高が下がります。道もあまりよくありません。
周りはうっそうとした森です。

s-DSC_1259.jpg
理想の森。ってやつですね。

30分程歩くと川のせせらぎが聞こえてきます。
シオカラ谷に到着です。
川には吊橋が架かっていて橋の上から川の様子を見てみると

s-DSC_1236.jpg
吊り橋です。

s-DSC_1238.jpg
橋の上流側 

s-DSC_1237.jpg
橋の下流側

橋から渓を見た瞬間、今日一番のテンションアップです。(笑)
久しぶりに渓を見て興奮してしまいました。
フライを流すと魚が出てきそうです。あいにく(当然か)この日は、ロッドを持ってきておらず
魚の顔は見ることが出来ませんでしたが、渓を見てテンションアップとは・・・。
山歩きをしてても、基本はフライフィッシャーのようです。
せっかくなので川原に下り、靴下を脱いで水につけてみました。
「冷たくて気持ちいい」と思ったのは、ほんの2・3秒。
あまりの冷たさに10秒もつけていることが出来ませんでした。
しかしながら、本当に綺麗な渓です。

s-DSC_1249.jpg
フライを流すと絶対に出てきそうと思いません?

s-DSC_1245.jpg
綺麗な渓、山も綺麗です。

橋を渡った後は、下って来た分、登らなくては行けません。
山道半分、階段半分ですが、最後の階段が延々と続きます。
まぁ、森を見ながらゆっくりと登りましょう。

s-DSC_1261.jpg

階段を登りきるとなだらかな道になり駐車場に出てきます。
のんびり歩き、写真を撮りながらで4時間半の行程です。
山登りというよりもハイキング感覚です。



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









続きを読む
【2009/06/03 01:30】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大台ケ原散策-第1章-
以前から行ってみたかった大台ケ原。
やっと行くことが出来ました。

s-DSC_1277.jpg

雨が多いと有名ですが、当日は晴れ!
よほど同じ日に行かれた方々の普段の行いが良いのでしょう。
私は上手い具合にその方々に同行出来たようです。(笑)

ビジターセンターを起点に東大台ケ原コースを時計回りで散策します。
反時計回りで散策すると厳しいアップダウンが最初になりますので避けた方が
よろしいかと思います。まずは日出ヶ岳山頂を目指します。

整備された登山道をテクテク歩いていくと木道の階段が出てきますが
これが結構キツイ。息を切らせて上がるとそこが日出ヶ岳山頂です。
雷非難用小屋(?)を兼ねた展望台があります。

s-DSC_1090.jpg

s-DSC_1093.jpg

s-DSC_1095.jpg
日本百名山踏破を目指すことはないのですが、とりあえず記念すべき最初の一座。

登頂後は正木峠、正木ヶ原を経て尾鷲辻へ。
正木ヶ原から尾鷲辻の間が有名なトウヒ立枯れ区間です。
大台ケ原に来たいと思った理由のひとつです。とにかく驚きの景色です。
写真の腕前がド素人なので表現出来ないのが残念です。

s-DSC_1134.jpg

s-DSC_1142.jpg
立枯れの原因は色々とあるようですが、とにかく凄いの一言・・・。

尾鷲辻から神武天皇像のある牛石ヶ原の間は青々と茂る樹木の間に
立枯れの大木が有りと言う区間。
これから先数年、数十年すると正木ヶ原の様になっていくのか
はたまた森が再生していくのか・・・。(←難しいらしい)

s-DSC_1150.jpg

s-DSC_1157.jpg
おや?写真中央になにやら動くものが・・・。

s-DSC_1155.jpg
ズームしてみると鹿でした。

s-DSC_1172.jpg
神武天皇像のある牛石ヶ原。散策路が広がっているのでお弁当はここがオススメです。

ここから先は、大蛇(ダイジャグラ)、シオカラ谷を経て駐車場に戻る訳ですが
大台ケ原は今までと違った表情を見せてくれます。
そのまま続きを書いていくと長~くなってしまいそうなので次回に続くってことで(笑)
第2章をお楽しみに!



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【2009/06/01 22:40】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。