スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
釈迦ヶ岳
休日の朝。
釣りでもないのに珍しく早起きしたので久しぶりに
山歩にでかけようっと。

行き先は、以前から気になっていた大峰山脈にある釈迦ヶ岳。
1799.6mの山頂にはお釈迦様が居ている。
ここまで登ってお参りすればお願い事もかなう確立大。(笑)

登山口の駐車場にはすでに7台の車が駐車している。
奈良五條からでも結構な距離があったけど何時に出発したのだろうか。
ストレッチをして階段を登っていきます。

s-P1010569.jpg
AM9:30スタート。

最初はそこそこの登りが続くものの
尾根筋まで出ると歩きやすい登山道が続きます。
天気も良く快適なトレッキングだ。

途中に『古田の森』という所があり
見晴らしも良く歩きやすい。
でもここで雷にあうと逃げ場所がないなぁと考えつつ
山頂をめざします。

s-P1010584.jpg
立ち枯れの木々がここでも見られます。

山頂まであと少しって所からクンッと斜度が上がります。
今までなだらかだったのでちょっとキツイ。
息を切らして山頂に到着。

s-P1010581.jpg

360度のパノラマが待っていてくれました。
山頂で出会った年配の方にお話を聞いたところ
『今日は天気も良くて、特に南側の山々がはっきり見えるのは珍しい。』とのこと。
昨日雨が降り、今日は風があるせいかな。

s-P1010579.jpg
お釈迦様にお願い事をして下山です。

途中、鹿の小団体と遭遇。
『お前、誰?』って感じでこちらを見てきます。
まったく人を恐れる感じなし。
『天気の良い稜線は気持ちが良いや』と思いながら
登山口駐車場に到着。







続きを読む
スポンサーサイト
【2010/05/09 08:31】 | 山歩 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ホームリバー
四国出張中の釣行も終わり、ホームリバーでの釣行。
さて厳しい現実に直面するか。(笑)

3時、自宅を出発。
この時点ではやくも厳しい現実に直面です。
四国だったらまだ寝てるって。

道中の釣具店で年券を購入。
ここ数年、年々購入時期がズレ込んでいます。
『まぁ、今年は仕方が無いか。』と独り言をブツブツと
呟きながら目指す渓へ向かいます。

この日選んだ渓は、数ある支流の中でも
結果を出すのが難しい渓。
『何も好き好んでこの渓を選ばなくとも・・・』と思いますが
思わぬ大物と対面出来るかも知れないという期待があって(笑)

s-P1010560.jpg

#14のアダムスパラシュートからスタートしますが当然の様に反応なし。
ならばと色を変え、パターンを変えるも同様。
#16に下げるも反応なし。
『魚、居ないの?』(←自分自身の実力は完全無視してる)

あまり使いたくはない(見にくいから)のですが、#18に交換。
ここでようやく反応あり。
慎重にやり取りをしてネットイン。

s-P1010555.jpg
まずまずのサイズです。

ここでフライフィッシャーならばストマックポンプの登場。って感じですが
必要ないので胃の内容物は確認しません。
ストマックポンプで内容物を確認することで魚にも負担が掛かるし
何より内容物に合った釣り方をしない・出来ないから。(爆) なのでしません。
#18で釣れたので#18を中心に時折#16に交換しながら釣り上がり
同サイズを1匹追加。

帰り際、期待薄で本流筋に入渓。
広すぎてポイント絞り込めない状況で流していたカディスに反応。
『おっ』とあわせやり取り。本流の魚は引きが違います。
しっかり寄せてみるとヤマメでした。
今日は、『ウグイでした。』という、オチはなしです。(笑)

s-P1010567.jpg



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【2010/05/05 08:32】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。