FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大台ケ原散策-第2章-
さて大台ケ原散策の第2章です。
神武天皇像のある牛石ヶ原を通過し、大蛇に向かいます。
大蛇は、東大台ケ原の二大ビュースポットの一つです。

メインの散策路から脇にそれて行きます。
この辺りまでくると立ち枯れの樹木の姿が少なくなってきます。

s-DSC_1174.jpg

s-DSC_1175.jpg

ブナが中心の森をしばらく行くと大蛇です。
絶景ポイントですが足場が非常に悪いです。

s-DSC_1197.jpg

写真の中央に移っているお兄さんがいますが、身長は私と変わりません。
傾斜角が分かってもらえるでしょうか?
一応柵が取り付けていますが、この岩場でこけたりでもすれば・・・
あまり役に立ちそうにもありません。

s-DSC_1196.jpg

上の写真は、先ほどの岩場の写真で先端がちょこっと見えている所です。
柵ギリギリまで行って写しましたが、今考えると良くそんな事をしたなぁと思います。

大蛇を後にし、先ほどの分岐点を左に曲がってシオカラ谷に向かいます。
1500mの距離で150m程、標高が下がります。道もあまりよくありません。
周りはうっそうとした森です。

s-DSC_1259.jpg
理想の森。ってやつですね。

30分程歩くと川のせせらぎが聞こえてきます。
シオカラ谷に到着です。
川には吊橋が架かっていて橋の上から川の様子を見てみると

s-DSC_1236.jpg
吊り橋です。

s-DSC_1238.jpg
橋の上流側 

s-DSC_1237.jpg
橋の下流側

橋から渓を見た瞬間、今日一番のテンションアップです。(笑)
久しぶりに渓を見て興奮してしまいました。
フライを流すと魚が出てきそうです。あいにく(当然か)この日は、ロッドを持ってきておらず
魚の顔は見ることが出来ませんでしたが、渓を見てテンションアップとは・・・。
山歩きをしてても、基本はフライフィッシャーのようです。
せっかくなので川原に下り、靴下を脱いで水につけてみました。
「冷たくて気持ちいい」と思ったのは、ほんの2・3秒。
あまりの冷たさに10秒もつけていることが出来ませんでした。
しかしながら、本当に綺麗な渓です。

s-DSC_1249.jpg
フライを流すと絶対に出てきそうと思いません?

s-DSC_1245.jpg
綺麗な渓、山も綺麗です。

橋を渡った後は、下って来た分、登らなくては行けません。
山道半分、階段半分ですが、最後の階段が延々と続きます。
まぁ、森を見ながらゆっくりと登りましょう。

s-DSC_1261.jpg

階段を登りきるとなだらかな道になり駐車場に出てきます。
のんびり歩き、写真を撮りながらで4時間半の行程です。
山登りというよりもハイキング感覚です。



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









吉野路のお土産といえば・・・

s-P1010185.jpg
柿の葉ずしですね。(笑)

久しぶりに食べましたが、やはり旨いですね。
ネタは鯖しか無いと思っていましたが、鮭、鯛もあるのですね。
子供は、鮭が一番美味しいと言っていました。
確かに美味しいですが、私は鯖が一番かと思います。




スポンサーサイト
【2009/06/03 01:30】 | アウトドア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久しぶりのメバリングは・・・ | ホーム | 大台ケ原散策-第1章->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adamsp16.blog103.fc2.com/tb.php/119-9055cbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。