FC2ブログ
石徹白川の渓魚達は
ようやく天候も良くなり、久しぶりのフライ釣行です。
さて何処に行きますかね。

いつも行く鳥取方面は、ニュースでもあるように
河川の氾濫で大変な事になっています。
一日も早い復興を祈っております。

色々と思案した結果、確実に魚がいる石徹白川C&Rへ行くことにしました。
仮に増水で釣りが出来そうに無い時は、荒島岳登山に変更。というプラン。
名神、東海北陸自動車道を利用して石徹白川へ向かいます。
お盆帰省のせいでしょうか、乗用車の割合がいつもより多いです。

現地到着AM8:30。思っていたほど釣り人が多くありませんでしたが
入渓しようと思う所にはすでにフライマン・ルアーマンがキャストしています。
魚が居る事は、分かっているので少し距離をおいて下流に入ってみました。

s-P1010262.jpg
キャンプ場より少し下流付近。C&R区間の中間辺りになるのかな。

#14パラシュートでスタート。
反応無し・・・。先行者がいるからというよりも
水量が多いためかどうも水面を意識してない感じ。と
この時は思っていたのですが・・・。後ほど驚く光景を目にします。(←大袈裟な・・・)

反応の無い状態が続くのでフライを#16に落としてしばらく釣り上がると
ようやく反応がありました。
いつもは、最初の反応にはこちらが反応出来ない事が多いのですが
今日は反応する事が出来ました。(←気合入っているねぇ)

s-P1010264.jpg
最初の反応は、イワナ20cm。

このイワナが釣れた付近。
上流からはルアーマン、20m下流にはフライマンが入渓。と大混雑。
いくらC&R区間とはいえ、この状態は無いのではないかと思うのですが・・・。
まあ他の釣り人の前でバラすことなくキャッチ出来てホッと胸をなで下ろします。

そんな状況なのでC&R区間の中間付近を切り捨て
C&R区間の最上流部に移動。

s-P1010278.jpg
8"3のロッドでも何とか振れます。
個人的には、こんな雰囲気の釣り場の方が好きです。

さて、先ほどの驚く様な光景の件ですが
C&Rなのである程度は、魚がスレている事は想像していたのですが
想像を超えてました。(←考えが甘かっただけか?)

フライサイズは、#14は見向きもせず、#16は気が向いた時だけ
#18まで落としても一瞬にしてフライを見切ります。
岩陰から出てきて、こちらが「喰う」と思った瞬間、フライを見切られました。
CDCを流しても同じ状態。
もちろんドラグが掛かっていれば、良くて愛想程度に見に来るだけです。
見切ったフライには二度と反応してくれません。
普段行く渓でも見切られる事は、もちろんありますが
こう各ポイントごとに見切られると・・・。
渓魚達のフライと流下物(エサ)を区別する能力の方が
一枚も二枚も上です。(悲)

そんな状況の中でも、たまにはフライに出てくれる魚もいるので
釣果は、その反応にこちらが反応出来るかに左右されました。

アマゴ:2
イワナ:3

s-P1010268.jpg
魚体は綺麗です。

釣果から判断して、まだまだ修行が足りませんな。
また来年、チャレンジしてみよう。

s-P1010267.jpg
石徹白の空に笑われたかな。



皆様のワンクリックが、明日のブログ更新の活力になります。
(↑言って良いのか?そんなこと・・・)
プチッとクリック、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



【2009/08/13 21:31】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<大和葛城山登山 | ホーム | 雨だねぇ~>>
コメント
こんばんは。

まさに休日の激戦区ですね。

石徹白、松本から山を越した向こう側なのでそれほど遠くないのですが忍野とともになかなか足が向きません。
1枚目の写真のように開けた川で釣りするのも楽しそうです。

ボクは釣りに行けなくて本当に爆発しそうです・・・
【2009/08/13 23:41】 URL | いわなたろう #-[ 編集] | page top↑
いわなたろうさん、こんにちは。
今回の石徹白釣行は、日頃の釣行チェックになりました。
魚はいるのになぜ釣れないのだろう?
いろいろと考えさせられました。(笑)

【2009/08/14 08:06】 URL | シェルパパ #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。
美しい渓流と魚ですね。
最近は熱帯雨林と萎びた魚しか見ていないので、日本の自然の繊細さが再認識されます。
しばらくすると私の脳まで大味になってコワイような(汗)。
【2009/08/17 00:45】 URL | nuemi #-[ 編集] | page top↑
nuemiさん、こんばんは。
四季のある日本は、各季節ごとに美しい景色を見せてくれますよね。
シンガポールは、海外出張の際、飛行機の乗り継ぎのため
空港内しか見れなかったのでnuemiさんのブログを楽しみにしています。
いろいろな所を紹介して下さいね。


【2009/08/19 00:45】 URL | シェルパパ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adamsp16.blog103.fc2.com/tb.php/128-dd078ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |