FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
CDCの実力?

先日の釣行での話です。
ある小さなポイントに#14のパラシュートを流していると
底石の影からナイスサイズの魚体が・・・。
魚はフライを追いながら観察?。喰うか?と思わせながら
結局、フライを見切られてしまいました。
再度、キャストするも見にも来ません。そこで#16のパラシュートに変更。
数回キャストすると、また底から浮いてきて寸前のところで見切られてしまいました。
この時期になると魚もかなり神経質になっている様です。

タバコを吸いながらポイントを少し休めつつ、次に結ぶフライを考えていると
ふっと目に留まったのが、#16のCDCダン。
常にボックスの中にはストックされているのですが使うことは滅多にないフライ。

さて、CDCダンを結びキャスト再開。
先程と同じようにスーッと浮いてきてフライを追います。
見切るかと思った瞬間、フライを咥えました。
その行動があまりにも良く見えたため?
思わず早合わせをしてしまいバラシてしまいました。

ここで考えるのが、フライを喰ったのはCDCダンだったから?
それとも流し方が良かったからでしょうか?
普段なら「流し方」と答える私ですが、今回ばかりは「フライ」と
答えてしまうワンシーンでした。

CDCダン。皆さん、よく使うフライですか?





スポンサーサイト
【2008/07/11 00:36】 | フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<縁がなかった? | ホーム | 夏釣行>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adamsp16.blog103.fc2.com/tb.php/60-b7633d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。